2015 宇都宮餃子祭りで損しないためには・・・ 

餃子は元々は中国から来た料理ですが、
日本独自の進化を遂げた「焼き餃子」はもはや日本人のソウルフード。
そして「日本の焼き餃子」発祥の地ともいわれるのが栃木県宇都宮市です
その宇都宮市で毎年11月上旬に「宇都宮餃子祭り」が開かれているのをご存知ですか?

CIgQhbvUEAEYIRJ

日程・時間

17回目の開催となる平成27年度の「宇都宮餃子祭り」は
10月31日(土曜日)と11月1日(日曜日)の2日間にわたって行われます。
時間は午前10時から午後4時までです。

規模

宇都宮市内には餃子を出す店が70軒以上あると言われていますが、
「宇都宮餃子祭り」には毎年30店ほどが参加します。
2日間で12万人余りが来場するという大変人気のあるイベントですので、
人気店の餃子を買うためには30分以上待つこともありますが、
それだけの価値があるおいしさ、ということでもあるわけです。

img_59_l-550x360
出典;「宇都宮観光コンベンション協会」HPより

料金やチケット入手方法

「宇都宮餃子祭り」の会場は宇都宮市の中心部にある「宇都宮城跡公園」です。
入場は無料となっており、
多くの参加店が熱々の焼きたて餃子を一皿100円で販売するほか、
お得な割引販売を行う店もあります

026312

見どころ

「宇都宮餃子祭り」は、
餃子の世界の多様さと奥深さを実感できるイベントです。
野菜がたっぷりだったり、肉にこだわりがあったり、
宇都宮市民が愛してやまない「こだわり餃子」を思う存分堪能できます。
また、特設ステージではショーなどもあり、
お腹がいっぱいになったお子様でも飽きることなく過ごせそうです。

会場へのアクセス

「宇都宮餃子祭り」の会場となる「宇都宮城跡公園」は宇都宮市の中心部にあります。
車を利用する場合、東北自動車道「鹿沼IC」からおよそ20分、「宇都宮IC」からおよそ25分、北関東自動車道「宇都宮上三川IC」からおよそ30分です。
特設駐車場はありませんので周辺のコインパーキングなどを利用することになりますが、
午前10時の開会前に満車になってしまうことが多いようです。
当日はJR各線「宇都宮駅」西口バスターミナルから1回100円で乗車できるシャトルバスが運行されますので、
「雀宮駅」(「宇都宮駅」まで一駅)など東北本線の他駅周辺に駐車して「宇都宮駅」までは電車を利用する、というのもひとつの方法です。

また、東武鉄道「宇都宮駅」から会場までは1.2キロと、歩いて15分ほどの距離です。
お腹を減らすために歩いて行って、帰りは腹ごなしのお散歩をするにはちょうどいいですね。

photo0000-4878

おすすめのスポット

宇都宮みんみんや正嗣が名店で地元でも、
YOKOHAMA祭り時でも超人気で行列を覚悟せねばなりません。
ツイッターでのつぶやきで気になるお店を見つけました。
「目覚ましテレビ」でも取り上げられている「めんめん」が美味しいらしい・・・
そちらも食べてみたいですね。

「宇都宮餃子祭り」の会場である「宇都宮城跡公園」からおよそ1キロほどの
「宇都宮二荒山(うつのみやふたらやま)神社」は、
癒しのパワースポットとして知られています。
オフィスビルの谷間に突然現れる大きな鳥居と
その奥に続く長い石段はとても不思議な光景です。
photo0000-4869

宇都宮と言えば餃子、なのですが、実は伝統の和スイーツもたくさんあるんですよ。
『宮の餅』とか『きんとんまんじゅう』とか…ああ、食べたくなってきました。